ようこそハートフルへ 新たな仲間のご紹介

特別養護老人ホームハートフルに新たな仲間が2名加わった為、ご紹介させていただきます

まずは緑ダウンを着ているのが『レーさん』、白いダウンを着ているのが『チャンさん』です。2人の出身地はベトナムです。お2人は経済連携協定(EPA)に基づき就労することとなりました

経済連携協定(EPA)とは・・・国と国の経済連携を図り、「人」、「物」、「お金」などの交流を通じて親密な関係を築くための条約を言います。平成20年度よりEPA介護福祉士候補者の受け入れがスタートし、令和元年までの間で、累計5,026名を日本で受け入れており、その対象国として、ベトナム、フィリピン、インドネシアの3ヶ国があります

当施設ではレーさん、チャンさん以外にEPAで来日したベトナムとフィリピン出身の職員3名が介護福祉士として活躍しております。既にベトナム人職員が2名就労していることもあり、レーさん、チャンさんにとっては心強い存在になっています

本来なら昨年の8月からハートフルでの就労が開始される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で今日まで時間を要することになりました。初出勤の数日前にPCR検査を実施し、陰性であることが判明した上で、無事出勤初日を迎えることができました。利用者様、職員一同、レーさん、チャンさんと出会うことができて本当に幸せです。これから一緒にがんばりましょう(^^)