移乗サポートロボットHug T1-02の導入

特別養護老人ホームハートフルでは、岐阜県の「介護ロボット導入促進事業費補助金」を活用し、株式会社FUJIの移乗サポートロボットHug(ハグ)T1-02を導入いたしました。

この製品の優れている点は、他のクレーン式のような完全吊り下げ方式ではなく、あくまで入居者様のベッドから車椅子への移乗時や、トイレのご利用時に、介護職員が介助するのと同様な動きをロボットがしてくれる為、入居者ご自身の移乗動作、立位動作の機会を妨げることが無く、自立支援や生活の質への影響を最小限に留めつつ、職員の介護負担の軽減が可能なところです。

今後ともご入居者のお一人お一人に適した介護機器の選定・使用を進めて参りたいと思います。

上記製品の使い勝手等、興味のある方はハートフルまでお問い合わせください。