うなぎの出前

令和2年8月11日、6名の利用者様を対象に、関市の某有名うなぎ屋さんでうなぎ弁当と長焼きを注文し、召し上がっていただきました

今回参加された利用者様の食事形態は常食からソフト食の方と様々でした。注文したうなぎをそのままソフト食の方に提供することは困難な為、管理栄養士+厨房職員と連携し、うなぎの皮を剥ぎ、ひつまぶしよりも細かく刻むことでソフト食の利用者様もむせられることなく、召し上がることができました

利用者様から『なんで関はうなぎ屋さんが多いんやろ』とのご質問があり、困った時のインターネットで検索してみましたが、利用者様も『納得』の理由でした。皆さんはわかりますか?気になる方は検索してみて下さい!