春日神社・善光寺に初詣にいきました!

ハートフルデイサービスセンターでは、松の内に間に合うよう、春日神社・善光寺へ初詣に行きました。今年も1週間に分けて多くの方の参加をいただき、無事にお参りすることができました

松の内とは「門松を飾ってある期間」という意味で、門松などのお正月飾りを飾る期間を指し、松の内が過ぎたら門松を外します。また「神様に待っていただいてる期間」という由来もあるそうです

一般的には1月7日までを意味するそうですが、関西では15日まで。ハートフルでは「神様に待って頂いている期間・関西と同じ15日」という解釈でおこなっています。(笑)

春日神社は境内が歩きやすく本殿まで近いのでお参りしやすく、刃物で有名な関市の関鍛冶の守護神ですので、ご利用者様にもなじみのある神社です。関善光寺も戒壇のあるなじみのお寺です。皆様と一緒に一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈願してきました。今年も天気に恵まれ、いい年の始まりになりそうです。感謝