郷土おやつ作り「福岡県・梅が枝もち」を作りました

ハートフルデイサービスセンターの郷土料理、今月は福岡県の「梅が枝もち」を作りました。

福岡県にある大宰府天満宮といえば、藤原道真公にまつわり「学業の神様」で有名ですが、太宰府市では「梅が枝もち」が有名です。名前の由来となっているのも平安時代に太宰府へ左遷された道真公にまつわる伝説です

平安時代、大宰府へ左遷された藤原道真は、罪人同様の生活を強いられていました。 毎日の食事にも事欠くという暮らしぶりを見かねた近くの老婆(浄明尼)が、梅の枝に粟餅を巻き付けて差し入れたといわれています。それが現在も受け継がれているんですね

今回も皆様と一緒に手作りしてとってもおいしく、あつあつをいただきました