郷土おやつ作り今月は「山口県・かいもち」を作りました

ハートフルデイサービスセンターの今月の郷土おやつは、山口県のかいもちです

サツマイモとおもちを茹でてからつぶし、砂糖などを混ぜて熱を加え、ちぎったり団子状にし、きな粉をまぶして食べる山口県(周防大島)や香川県などで伝統的に食べられている郷土菓子です。今回はそのかいもちに春の味覚の「よもぎ」を混ぜて「よもぎかいもち」を皆様と一緒に2月19日~21日の3日間作りました

作り方の中でおもしろいのは、ゆでて作ることにより、出来上がりが水分をたくさん含んでいるため柔らかく、利用者様にもとても好評だったことです

もちろんその分、丸める際に成形しづらく作りにくさはありますが、手慣れたもので、段取りよく作り上げていただけました

作っていただいたO様は「いっつもいっつも、おやつ作りは楽しみやわ」と言っていただき、利用者様が他利用者様のためにつくるおやつ作りは、生きがいと楽しみにつながっていることを実感させていただいています

来月は、島根県のひなまつりに食べるおやつ「花もち」を作ります。お楽しみに!