郷土おやつ作り今月は「富山県・ととまる」を作りました

ハートフルデイサービスセンターの今月の郷土おやつは、富山県のB級グルメ「ととまる」を作りました。昔から富山県内のスーパーには生のすり身が販売されており、地元ではおなじみの食材。そのすり身をベースにして富山県が全国一の消費量を誇る昆布を乗せた高タンパクで低カロリーのお好み焼き、それが「ととまる」だそうです

 

   【すり身や昆布も入れる】      【お好み生地は高たんぱく】

もともとは約10年前から、すり身工場の食堂でまかない料理として食べられていたそうです。味付け、見た目は 「お好み焼き」ですが、 ひと口食べてみると、すり身のしっかりとした旨みが口の中に広がり、噛むほどに魚の甘みや豆腐の味が際立ってきます。今回の材料は、ねぎ、キャベツ、魚のすり身、卵、小麦粉、天かす、紅ショウガ、昆布、豆腐、鰹節、青のり、お好みソースでしたが、意外や意外。いつも食べてるお好み焼きより、あっさりやわらかく、味もよく「お好み焼き」より胃にもやさしく、高齢者の皆様にはもってこいのおやつだと発見できました

 

  【柔らかい、でも香ばしい】   【思った以上にヒット商品でした】

利用者のO様からは「これはやわらかくておいしいよ」「ほんとにいろいろな知らんおやつが食べれてうれしわ」とありがたいお言葉をいただきました。感謝