郷土おやつ作り今月は「高知県・いも天」を作りました

ハートフルデイサービスセンターの今月の郷土おやつは、高知県のいも天を10月23日~25日の3日間ご提供しました

サツマイモを蒸かして甘い衣で揚げたおやつになります。今回は、見てるだけでもいいかしら?と参加してくださった皆様と、実習で勉強にきていた看護学生さんも一緒に作りました

【主役の芋さんです】

利用者のN様は下準備のお芋の皮むきも手際よくはじめられ、「固い芋やな」「明日寝込んでもいいで」と言いながらも、慣れた手つきで一生懸命切ってみえました。そんなに頑張っていただいて…と心配する気持ち、心意気にうれしくなる気持ち半々でした。助け舟で、いつも一緒に頑張っているO様も「交替して切るわ」と申し出てくださり、いい姿だなぁとほっこり(^_^.)

 

 

【家ではやらんが…頑張る。】

 

 

 

 油でいもを揚げている学生に「たくさん入れたらあかんよ」「油の温度が下がるで」と料理の基礎と長年の知識を伝えていただき、本だけではない料理の勉強もできました

【揚げる姿を見守るみなさん】

 

最後は学生さんにお願いし、すったもんだしながらも楽しい楽しいおやつ作りができました

おやつを食べる楽しみもありますが、利用者様の頑張る姿は職員の楽しみの一つとなっています。みんなで食べるとおいしい。みんなで作るのも楽しいですね。来月は長野県のかぼちゃこねつけです。お楽しみに!