避難訓練を行いました

9月20日、施設の避難訓練を実施しました。今回はグループホーム裏手の山から出火したとの想定で、入居者、利用者様にも協力していただき、今までとは違う避難経路で行いました

 

 

【避難後には各部署点呼を行います】

 

 

 

避難訓練の後は、消火器の取り扱いと備蓄倉庫の確認、炊き出しに必要な備品の説明がありました

 

【消火器は置き場所を把握しておくことも大切】

【炊き出し用コンロの使用方法について説明を受けます】

 

 

 

いざという時に職員が落ち着いて行動しなければ入居者、利用者様の命を守ることはできません。今回多く見付かった反省点を次回に生かせるよう、施設全体で防災・防犯意識を高めていこうと思います