郷土おやつ・今月は長野県の「やしょうま」を作りました

 

ハートフルデイサービスセンターの今月の全国の郷土おやつは長野県の「やしょうま」です。お釈迦様がなくなった日に当たる3月15日は涅槃絵(ねはんえ)です。この日に米の粉で作った細長い団子(やしょうま)を作って仏壇に供えます。信州では色をつけ生地を組み合わせ金太郎あめのように輪切りにして楽しみます。今回はこねる力が必要だったため、管理栄養士が手作りさせていただきました

今回の模様は、「桜の花」と「ハートフルのロゴ」をイメージして組み立てましたが、ハートフルのロゴにはまだまだ修行が必要でした。利用者様には、蒸し器でやわらかく温かいものをご提供し、さとう醤油をつけて召し上がっていただきました

「きれいやな~」「おいしいね!」と言っていただき大好評でした