縫い物クラブで「吊るし飾り」を作りました

ハートフルデイサービスセンターでは、午後の時間を使って個別に楽しめるアクティビティを提供しています。その中の1つに縫い物クラブがあります。年間を通して様々な素敵な作品を作り、年に1度、同法人の運営するカフェ&ギャラリー「レインボーハートフル」にて作品展示会も行っています。

昔から裁縫を得意としてみえる7名程の利用者様がこの時間を楽しまれています。今回の作品は江戸時代から伝わる「吊るし飾り」。使わなくなって大切にしまってあった古布をリサイクルして3月の雛祭りに飾れるよう、すべて手縫いでコツコツ作業しました。手先のリハビリや、昔の話、作品を作り上げる達成感など、できることを維持できる環境をご提供しています

【雛祭りが楽しみ】